カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ 皆さまからの声 サイトマップ
RSS
 

モチャのおもちゃについて

工房1
工房2
おもちゃづくりについて
モチャのおもちゃづくりも3年目に入り、生産体制も少しずつ変化してきました。
まず試作については自社で出来る限り製作できるよう小型レーザー加工機と同じく小型の3Dプリンターを導入しました。これで試作形状の可能性がかなり拡がりました。
 商品の製造については、従来の木製品の一部は加工精度を上げるためコンピューター制御の木工加工機械を使用するようにしました。それを家具のまち「大川」の木工工場で製造しています。
 またこの冬からきゅーぶまん+きゅーぶろっくはコストダウンと品質アップを図るため台湾のおもちゃメーカーで生産することにしました。
このPLAYMeさんとはモチャが世界玩具見本市に出展した際に知合い、オリジナル商品以外にも様々なメーカーのOEM製品を製造しているしっかりした会社です。
 そして現在、木以外の素材を使った開発中の新製品について素材と加工に応じて、金属加工メーカー、樹脂加工メーカー等これまで以上のメーカーさんにモチャのパートナーとして協力してもらいながら商品化を進めております。
 我々はまだまだ小さな会社ですが、おもしろおかしなおもちゃを一品一品丁寧に仕上げてあなたにお届けします。
ブナ
ブナ材
ナラ
ナラ材
ケヤキ
ケヤキ材
素材について
 モチャではおもちゃづくりの材料に木をメインに使っています。モチャのおもちゃは手で持って遊ぶことを基本としており、触感が非常に大事です。ですからもおもちゃの形態、用途に応じて樹種を使い分けています。
 現在のところ、ブナ、ナラ、ケヤキの自然乾燥材、もしくは人工乾燥材を使用しております。
(詳細は、こちら
auro130塗料について
  モチャのおもちゃには無色の自然系保護塗料を使用しており、木材本来の持つ木肌を失うことなくかつ濡れ色の艶をだします。また防汚・防腐の効果、乾燥防止の役割があります。
 その塗料は工場によって若干違いますが、ドイツのAURO(アウロ)社、同じくドイツのOSMO(オスモ)社等の天然木材保護塗料を使用しています。

ページトップへ